1. ブライダル脱毛のおすすめランキング
  2. ムダ毛の処理方法
  3. ≫結婚式前の脱毛クリームが危険な理由3選

結婚式前の脱毛クリームが危険な理由3選


脱毛クリームで結婚式の前に脱毛する女性
結婚式での主役は、純白のドレスをまとっている花嫁です。一生の思い出にもなりますし、新たな人生のスタートを示す大切な日です。その結婚式では、出来る限り美しい最高の自分でいたいと思うのが女心というものです。

純白のウェディングドレスを綺麗に着こなすためには、脱毛をするべきですよね。せっかくの真っ白なドレスがムダ毛のせいでくすんで見えてしまうのは残念です。それに、女性の身だしなみとしてムダ毛を処理しておくことは大切です。

脱毛をする方法は様々あります。カミソリでの脱毛や、脱毛ワックス、脱毛クリームをドラッグストア等で買い、処理する方法が一般的です。しかし、その中でも脱毛クリームには処理をする上で危険なことがあります。どのように危険なのか、3つの要点にまとめてみました。

1.皮膚が弱い人には向いていない

そもそも脱毛クリームはどのようにして脱毛を可能にしているのでしょうか?

脱毛クリームはアルカリ性で、このアルカリ性の成分で毛を溶かすことが出来るのです。皮膚の表面に出ている毛だけではなく、毛穴の中の毛根にまで浸透して溶かすことができるので、カミソリで処理したときのような断面図が出来ることがありません。ぼつぼつとしたカミソリ処理のあとが残らないので、結婚式前の脱毛として使用する女性が多いです。

しかし、このアルカリ性は毛を溶かしてしまうほど強力です。当然ムダ毛だけではなく、皮膚まで溶かしてしまうのです。皮膚が弱い敏感肌の人、アトピーなどの皮膚疾患がある人にはおすすめ出来ません。

2.脱毛後にアルコール成分を使用すると大変

脱毛クリームを使った後、アルコール成分が配合されている化粧品を使うことは避けてください。アルコール成分が溶かしてしまった敏感な皮膚に反応してしまい、肌荒れを引き起こしてしまうのです。

これまで肌トラブルが起きていなかった人でも、脱毛クリームを使用した後は敏感肌と同じ状態になっています。アルコール成分が配合されている化粧品や、日焼け止めにも敏感に反応しますので、使用しないようにしましょう。結婚式前に使用すれば、当然背中は真っ赤になってしまったり吹き出物が出来てしまいます。

3.塩素との相性が悪い

脱毛クリームで脱毛して結婚式に登場するわけですが、その後新婚旅行で南の島やプールに入ることもあるでしょう。プールの塩素は脱毛クリームとの相性が最悪です。脱毛クリームで疲れ切った肌が塩素に触れると肌が荒れてしまいます。必ず脱毛クリームを使った後にプールへ入るときは、1日以上時間を置いてください。

美しい姿で結婚式に登場するためにも、脱毛クリームを使用することは危険です。自分の肌の状態を確かめながら、自分に合った脱毛方法を見つけておきましょう。そして、美しい花嫁姿を新郎や参列者に見せてあげてくださいね。