1. ブライダル脱毛のおすすめランキング
  2. お悩み別
  3. ≫妊娠前に脱毛をする理由【綺麗なママになる!】

妊娠前に脱毛をする理由【綺麗なママになる!】


妊娠前に脱毛したい女性
妊娠前に脱毛をしようか、産後から始めようか悩んでいる人はこの記事を参考にして下さいね♪

いつから始める?

脱毛は思い立ったが吉日、早く始めたほうが早く終わらせることができます。今では脱毛エステや医療機関での脱毛がかなり身近なものになりました。費用面でも社会人女性なら充分に負担が可能な金額です。また、それらに通うのも2ヶ月から3ヶ月に一度程度ですので、職場や自宅から通いやすいところを選べばそれほど苦にならずに施術を受け続けられます。

結婚をしたあと、そう遠くない未来に子どもを授かれるように計画をしているかたも少なくないでしょう。新しい命を授かるための体の準備も、もうすでに葉酸サプリを飲み始めたりして取り掛かっているかたも少なくないかもしれません。ですがその準備の一貫として、綺麗なお母さんになりたいというかたは赤ちゃんを迎える前に脱毛を完了させておくことをおすすめします。というのも、妊娠中はエステなどで脱毛することができませんし、思うようにムダ毛の処理を行うことができないからです。

妊娠中の脱毛はできない!

エステや医療機関で使用されている光脱毛機器やレーザー脱毛機器は、人体の臓器に影響を与える類のものではありません。あくまでも黒い色に反応する光を発するのみで毛だけに作用しますので、光によって体の調子を崩したり母体や胎児に悪影響を与えてしまうということではないのです。ですが、妊娠中というのは平常とはホルモンバランスが変化しています。肌の状態も普段よりもとても敏感になってしまうのです。ですので、施術のために塗るクリームなどに肌が反応してしまったり、施術で火傷などのトラブルを引き起こしやすい状態になってしまいます。それに照射の際のちょっとした刺激がストレスに感じられる場合は、精神的に母体と胎児にストレスをかけてしまうことが否めませんし、痛みによって子宮収縮を引き起こす原因にもなってしまうので、エステや医療機関では妊娠中の施術をお断りしています。

妊娠中は生えている毛が濃くなる傾向にあります。それなのに肌が敏感になっていて思うように脱毛処理ができないのは苦痛です。エステ等に通えないなら自宅でワックス処理をと考えるかたもいるでしょうが、無理やり毛を引っこ抜くワックスは肌に負担をかけすぎてしまいますし、脱毛クリームですと強いアルカリ性のものなのでやはり肌への刺激が強く、炎症を引き起こしてしまう可能性が高くなります。それにどちらの処理も一時的な対策に過ぎず、またすぐに毛が生えてくるので繰り返し処理をしなくてはなりませんから、控えておいたほうが賢明です。

女性としていつでも綺麗でありたいと思う気持ちは捨てられないのにカミソリすら思うように使えないと、自信を持って外出をすることすら躊躇われるようになってしまうでしょう。ですから、妊娠をする前に脱毛を完了させておくことがおすすめなのです。

まとめ

脱毛を完了させておけば、ムダ毛の処理をすることができない妊娠期間中も濃い体毛に悩まされることがなくなります。ホルモンバランスの変化によって完了したはずの脱毛箇所から再び毛が顔を出すこともありますが、その毛は大抵貧弱なもので、何も手を打たないよりもはるかにムダ毛を気にするストレスを減らすことができます。

綺麗なお母さんになるために、妊娠前に脱毛をしましょう。妊娠中は脱毛できず、子どもを産んでからも自分の時間を持てるのにしばらく時間がかかってしまいます。それでしたら、その前に脱毛を終わらせてしまったほうが賢い選択と言えるでしょう。