1. ブライダル脱毛のおすすめランキング
  2. お悩み別
  3. ≫二の腕のブツブツは脱毛しても良い?悪い影響は?

二の腕のブツブツは脱毛しても良い?悪い影響は?


二の腕のブツブツの脱毛
二の腕のブツブツは脱毛しても良いのか、調べてまとめました。

無駄毛の脱毛を行う事は肌を綺麗に見せるためには必要なことだと言えますし、特に女性の場合は無駄毛があると見た目の印象も悪くなる恐れがあるため、脱毛サロンなどで脱毛を行う人も多いのではないでしょうか。

脱毛を断られることもある

脱毛を行う場合には肌の状態によって脱毛が可能な場合と脱毛が出来ない場合に分けられますが、二の腕のブツブツがある状態での脱毛は果たして可能なのでしょうか。二の腕に良く見られるブツブツの正体は毛孔性苔癬と呼ばれるものであることが多く、毛穴に皮脂や角栓が詰まっている状態となります。この状態は毛穴が塞がっていると言うことになるため、脱毛を行う場合には様々な障害となる可能性があり、脱毛サロンによっては脱毛を行う事自体断られてしまうことがあります。

脱毛を断られてしまう理由として最も多いのが、脱毛処理を行った場合にきちんと脱毛が行えない、もしくはブツブツの部分が脱毛処理を行う事で肌トラブルを起こしてしまうと言った問題が生じる可能性があるためです。特にエステサロンなどで多く用いられているフラッシュ脱毛の場合、ブツブツによって光の照射が上手くいかなくなる場合が多く、脱毛が上手く行えないという問題が必ずと言っていいほど起きてしまいます。その為エステサロンの場合は二の腕のブツブツがひどい場合には脱毛処理を断るサロンが非常に多いと言えます。

医療レーザー脱毛は?

では医療機関などで行っているレーザー脱毛の場合はどうなのかというと、レーザー脱毛の場合はフラッシュ脱毛とは違い、一度に広範囲の脱毛を行うものではないため二の腕のブツブツである毛孔性苔癬があっても問題なく施術が行えます。レーザー脱毛を行える医療機関の場合は、毛孔性苔癬の改善も相談に乗ってもらえますので脱毛処理と同時に毛孔性苔癬の治療を行える場合もあります。

そのため、二の腕のブツブツが気になっている場合には医療機関を受診してカウンセリングを行い、その結果に合わせた脱毛を行うと肌トラブルを最小限に抑えながら脱毛を行う事が可能になるでしょう。レーザー脱毛を行った場合、毛孔性苔癬が改善したという報告もありますので、レーザー脱毛を行う事で毛孔性苔癬に一定の効果があることは確かでしょう。

これはレーザー脱毛により毛穴の無駄毛と共に詰まっていた角栓や皮脂が取り除かれることと、毛穴がレーザー脱毛により締まることで角栓が詰まりにくい環境が整うためです。ただしレーザー脱毛はあくまでも無駄毛を取り除くための施術であり毛孔性苔癬を治すための施術ではないということは理解しておかなければいけません。レーザー脱毛を行う事で二の腕のブツブツが軽減するのはあくまでも脱毛を行ったことによるおまけのようなものだからです。

そのため二の腕の毛孔性苔癬が気になる場合にはエステサロンではなく医療脱毛が出来る医療機関を最初から選ぶことが必要となりますし、二の腕のブツブツがあっても脱毛が可能なのかどうかをしっかりとカウンセリングによって確認してもらうことが安全に脱毛を行うためには必要となるでしょう。