1. ブライダル脱毛のおすすめランキング
  2. ムダ毛の処理方法
  3. ≫パイナップル豆乳ローションのメリットとデメリット

パイナップル豆乳ローションのメリットとデメリット


パイナップル豆乳ローションを使う女性
パイナップル豆乳ローションのメリットとデメリットについて調べてまとめました。

脱毛を行なった場合には肌は無駄毛が無くなるためツルツルの状態になりますが、時間が経てばその部分にはまた毛が生えてくることになるため、定期的な脱毛を行なう必要があります。その為出来るだけ毛の生えてくるサイクルを長くできればそれだけ脱毛を行なう手間も省けることになります。
その場合に使用するのが豆乳ローションと呼ばれる抑毛剤で、豆乳ローションを脱毛した部分に塗ることにより、毛が生えてくるのを抑制することが出来ます。豆乳ローションの中でも最もx注目を集めているのがパイナップル豆乳ローションで、これは無駄毛を抑制する効果があるイソフラボンとパイナップルエキスによるタンパク質分解酵素の働きで肌をツルツルの状態にしながら無駄毛が生えてくるのを抑制することが出来ます。その為パイナップル豆乳ローションを使用し続けることで、無駄毛を出来る限り生やさない状態を維持し続けることが可能になります。しかしパイナップル豆乳ローションには使用することによるデメリットもあり、それを正しく理解しておかないとパイナップル豆乳ローションのデメリットばかりが目につくことになります。

パイナップル豆乳ローションのデメリット

デメリットは、パイナップル豆乳ローションはあくまでも抑毛剤であり、除毛剤ではないと言うことです。そのためパイナップル豆乳ローションを塗れば無駄毛が無くなると言うわけではなく、脱毛などの無駄毛処理を行なった後で継続的に使用することにより、脱毛した部分の毛を生やさないようにすることが出来るものだと言うことになります。その為無駄毛処理をしていない部分にパイナップル豆乳ローションを塗っても、全く無駄毛が減ることはありません。次にパイナップル豆乳ローションの無駄毛抑制効果は個人差があるため、脱毛を行なった後に使用し続けても、人によっては無駄毛が抑制できないということもあります。特に毛が太い人の場合はなかなか抑制効果が感じられないという場合も多く、パイナップル豆乳ローションは効果が無いと感じる場合もあるでしょう。

毛の抑制効果に関しても即効性があるわけではなく、継続して使用し続けることにより少しずつ無駄毛を抑制していくものですので、除毛剤のように塗ればすぐ無駄毛が除去できるわけではありません。それとパイナップルエキスや豆乳エキスが肌に合わないというケースもありますので、肌が弱い人の場合はパイナップル豆乳ローションを塗ることで肌トラブルに見舞われてしまう恐れもあります。その場合は速やかにパイナップル豆乳ローションの使用を中止する必要があります。基本的にパイナップル豆乳ローション自体には脱毛効果は無いと考えたほうが良いですし、脱毛後の無駄毛の抑制と肌の状態維持を目的に使用することが正しいパイナップル豆乳ローションの使い方となります。それをしっかりと理解したうえでパイナップル豆乳ローションを使用しないとデメリットしか感じないと言うことになるので注意しましょう。

シェアをお願いします。