1. ブライダル脱毛のおすすめランキング
  2. ブライダル脱毛の知識
  3. ≫和装で脱毛しておきたい部分は?

和装で脱毛しておきたい部分は?


和装の脱毛
結婚式に和装を着る人でも、脱毛は必要になってきます。ウエディングドレスなどに比べ、肌を見せる箇所が少ないように思われる和装ですが、そんな和装でも脱毛しておく事でより一層、綺麗に和装を着こなす事ができる箇所があります。

和装の脱毛すべき個所

うなじ

和装の場合、かつらをかぶる人が多いかと思います。最近では、地毛で和装に合うヘアスタイルを作る人も多くなっていますが、どちらにせよ、髪をアップにする事になりますよね。

その際、ムダ毛が目立ってしまうのが、うなじです。うなじを脱毛しておく事で、かつらをかぶった際も綺麗にまとめる事ができ、また、地毛で和装のヘアスタイルを作った際でも、出来上がりを美しく見せる事ができます。

また、和装の際はうなじだけではなく、もう少し背中の方まで脱毛を行っておくと安心です。

和装の場合、いつものメイクとは少し違ったメイクになってきます。ファンデーションも厚塗りのようになる為、その際、ムダ毛があると綺麗に仕上げる事が出来にくくなっています。

白く美しい和装にあったメイクを行う為には、脱毛を行い、自分自身が持っている本当の肌の白さを活かし、その上で和装のメイクを行う事で、肌の白さを引き立てた綺麗なメイクを行う事ができるようになっています。

顔の場合、顔そりだけで済ませがちですが、やはり、顔そりやシェービングに比べ脱毛の方が肌が綺麗になり、また、肌をワントーン白くさせる事も可能になっています。

その為にも、顔は顔そりだけではなく、サロンで脱毛を行っておく方が良いです。

手の甲と指

和装の場合、ウエディングドレスなどと比べ、グローブなどを身に付ける事はありません。その為、常に手は人の目に見られている状態です。結婚指輪の交換や盃かわす際など注目される事が多い手の甲や指。

自分ではなかなか気づきにくい場所ではありますが、意外とムダ毛が多く、目に付きやすい場所にもなっています。

そのような事から、結婚式を行う際は、手の甲や指の脱毛も行っておくと安心です。思った以上に花嫁に手は、招待客に注目される場所になっています。その事を頭におき、脱毛サロンで事前にケアしておきましょう。

【和装の脱毛】まとめ

和装の場合、ウエディングドレスに比べ、一見、脱毛の必要などないように思うかも知れません。しかし、それは実は大きな間違いとなっています。
確かにウエディングドレスのように腕やワキなどが見える事はありませんが、背中は、ウエディングドレスほどではないものの、けっこう大きく開くようになっています。なので、うなじの脱毛は非常に大切になってくるのです。

その他、メイク方法から考えた場合でも、顔からうなじ辺りを綺麗にしておくと化粧ノリも良くなります。

このように、和装の場合の露出する部分はウエディングドレスに比べ少ないものの、1か所、1か所がとても重要な部分になっていると言え、脱毛を念入りに行わなければいけませんね。